カート

2020.12.08

もちろん勝手に増えるわけじゃない

悲しいことに人生も預金も有限だが、なるだけ美味しいものを食べたいし、好きな服を着たいし、たまには旅行にも行きたい。そういう幾つかの欲を辛うじて飼い馴らしているのに、すでに生涯で使い切る目途のない本数を抱えていてなお香水が欲しいという気持ちが湧いてくる。まこと厄介というほかない。たとえば、季節が変わる時に購入欲は強くなる。世間でも秋にキンモクセイの香りが爆発的に売れるように、そもそも四季と香りの結びつきは強い。自分も、そろそろ季節が変わるなと思ってモゾモゾと香水店を徘徊しはじめるわけだから、単純計算でも年に4本は香水が増えていることになる。いや、こういった不毛な計算はやめておこう。

それから、財布の中身にいつもより余裕がある時もそうだ。ボーナスが入った日なんかには、それまで保留にしていた香水を迎えようなどと気持ちが大きくなる。服や時計と比べてしまえば高額すぎるということもないから、ちょっとした臨時収入があっても香水に回そうかしらと思いがちだ。僕が勤めている会社は夏と冬にボーナスを頂戴できるので、やはり年に2本は香水が増えていることになる。いや、こういった不毛な計算はやめておこう。

あるいはイベントがある時。先日の伊勢丹サロンドパルファンやGINZA SIXでのLTFPなど香水関連のイベントがあると、何かしらは買うんだろうなという心算で行くことになる。たしかに、イベントだと限定品や新作が発売されるというのも大きな理由だが、やはりお祭り気分というか、この出費は不可抗力とさえ思ってしまう。こうしたイベントは最低でも1年ごとに開かれているわけだから、つまるところ年に1本は香水が増えていることになる。いや、こういった不毛な計算はやめておこう……。
journal本文画像
さて、このまま続けていると自らを数字という揺るぎない刃で傷つけるばかりなので、息絶え絶えに以下本論じみたものを書く。

香水という、値札のついた実体を購入する以上、それぞれの懐事情や居住スペースと相談するしかないわけだが、それでもやはり香水は最低3本持っておいた方がいいように思う。詳しいことはぜひこちらの記事(香水専門ブランドが実践する、毎日の香水の選び方とは!?)を読んで頂きたいのだが、いずれにせよ、服に置き換えてもらえれば使い分ける楽しさ(あるいは必要性)をイメージしやすいと思う。それに、3シーズン対応とか2WAYといった製品は確かに便利なのだが、どうも大切な何かを犠牲にしているように思うのだ。

今、外に出かける機会は大きく減った。日ごとテレワークが推奨され、仕事とプライベートの境界も曖昧になりつつある。だからこそ、シーンごとの香りでメリハリをつけるという香水の使い方も、新たな生活様式のひとつと言っていいのではないだろうか。香水を使い分ける楽しみというのは少し贅沢に、また面倒なことに聞こえるかもしれない。しかし、利便性の追求を燃料にして今日まで滑走してきた人類史の中で、香水という、とても合理的とは呼べない瓶詰めの水溶液が古代から失われずにいることを思うと、その贅沢と手間にこそ文化の香りが濃厚に立ち込めているような気がしてくる。

最近の記事

もっと見る