カート

2021.02.02

いま話題の”推し香水”とは!?

みなさんこんにちは、パーソナライズ香水ブランドのLiberta Perfume運営事務局です。
今回は巷で話題の「推し香水」についてのご紹介です。先日Twitterでも話題にのぼったテーマでもあり、香水の楽しみ方としての一つの確立されたジャンルにもなっている「推し香水」についてまとめてみました。



①推し香水とは


【推し。「いち推しのメンバー」の略語「推しメン」がさらに省略された語。主にアイドルに対して使われる言葉であったが、昨今はアニメやゲーム等のキャラに対しても使われる。「好き」よりも好意度が高い印象をしばしば与える。「推す」の名詞形】

推し。この言葉が指す範囲は非常に幅広く、上記にあるような人物やキャラクターだけでなく、作品そのものやジャンル全体を指すこともあります。また、「単推し」や「推し変」などの派生語も多く存在し、作品やキャラに対する敬意と愛情に裏打ちされた「推し」という言葉から溢れるエネルギーは、グッズやイベントはもちろん、二次創作やコミュニティの成立など、今やただの「〇〇好き」の枠を超えた多種多様の広がりを見せています。

そのような中に、「推し香水」と呼ばれるものがあります。これは主に作品に登場するキャラクターをイメージした香水を指していますが、それ以外にも作中で推しキャラが使用していた香水や、「使っているだろう/使っていて欲しい」という想像に基づいて選ばれた香水のことも推し香水と言っていいでしょう。

推し香水自体は実は長く楽しまれていたコンテンツではありますが、最近になって『東洋経済オンライン』や『ねとらぼ』をはじめ多くのメディアでも特集されたりと、SNSの発達やソーシャルゲーム等の多様化、また自粛生活の長期化などもあって再び隆盛を得ている印象があります。

余談ながら、この記事を書くにあたり熱烈な推しを持つ友人にも話を聞いたのですが、その際言われた言葉が非常に印象的でした。いわく、推し香水は、2次元の向こうにいる決して触れることのできない推しに、わずかな現実の輪郭を与えてくれるのだ、と。
journal本文画像
(事務局スタッフの私物)

②推し香水を買うには?


Liberta Perfumeに限らずいま世の中にオーダーメードやパーソナライズの香水は少しずつ増えてきていますが、推し香水という視点でのアプローチは主に3つのパターンに分けることができます。

1.版元等を通してオフィシャルにつくられた既製品としてのキャラ香水

2.推しのイメージなどを手がかりに、既存の香水から選ぶコンサルテーション

3.推しのイメージから香水をつくるオーダー(パターン)メイド

おそらく、元は1のように作品の公式(あるいは準公式)グッズとしてキャラごとの香水が発売されるケースが主流だったと考えられます。最近では『鬼滅の刃』などギガヒット作品をはじめ多くの漫画やアニメ、ゲームのキャラをイメージした香水が既製品として発売されており、人気のキャラともなれば即完売のようで、つい先日も『A3!』のキャラ香水が発売されるニュースが流れると、一時「フレグランス」がTwitterのトレンドワードにもなったほどです。

ただ、既製品の場合気になるのは、その納得感です。もちろん公式が出しているものではありますから、キャラをイメージしたカラーリングやデザインはある程度十分だとして、その香りが果たして推しのどの要素を表したものなのか、ということはただ香りの説明を読んだだけでは伝わらず、香りの中から自分が納得できる瞬間をなんとか探し出すしかありません。また、版権関連とプロモーションにコストが割かれることで、香り自体はよくありがちなクオリティ止まりなことが多いというのも悩ましい部分です。

2の場合でも、この納得感という要素は重要です。昨今はサブスクリプションサービスの流行など香水の楽しみ方が変容しつつあり、無数の選択肢の中から香水を選ぶという、消費者側の手間を店側が省いてあげることで香水の手軽化が進みました。
確かに、既存のたくさんの香水の中から自力で推しのイメージを探すのは大変ですから「こんなイメージの香りが欲しい」と伝えれば提案してくれるというのは魅力的です。ただその場合も、選ばれた香りが推しのどの要素にマッチしているのか、ということに納得感がなければいけません。それはコンサルした側が提示するにせよ、あるいはお客様側が見出すにせよ、たとえば「おじさまキャラだからウッディ系にしました。」というようなことだけでは、推し香水とは呼ぶのは難しいのではないでしょうか。


以上を踏まえると、やはり納得感を得やすいのは3ということになります。
中には「推し香水」を全面に打ち出しているオーダーメイドのブランドもあり、アニメファンを中心に多くの方が推しの香りを求めて訪れるといいます。この場合重要になってくるのは、作り手側とのコミュニケーションです。作る側が必ずしもその作品を認知しているとも限らない以上、推しのディテールや作りたい香りのイメージを正確に伝えつつ、受け手側もその情報をきちんと香りに落とし込み、出来上がった香水に納得感を与えるには双方の入念なコミュニケーションが必要になってくるでしょう。

③Liberta Perfumeで体験できる推し香水とは!?


Liberta Perfumeのフレグランスを購入して下さる方の中にも、推し香水を楽しまれている方が多くいらっしゃいます。
手軽に推しのイメージを香水にしたいという時は、WEB診断をお勧めします。20個の質問の中には性格や食生活に関する質問も含まれており、自分の推しはどういうキャラなのか、ということを思い浮かべながら回答していただくことできっとイメージ通りの香りになるはずです。実際、いくつかのメディアやご購入いただいた方のブログ等でも「推し香水を作る」という文脈でご紹介も頂いています。
香りを無料で診断する


しかし、最も細部にまでこだわって作ることができる、つまりイメージの再現性が高いのはイベントで開催しているフルオーダーになるでしょう。約1時間のコンサルテーションの中でお客様には存分に推しについて語って頂き、パフューマーとイメージを共有しながらピッタリの香りを届けることができるはずです。推し香水にかかわらず、作り手とお客様とのこの一見手間にも思える対話の時間にこそ、オーダーメイドの醍醐味は宿っているとも思うのです。
私たちはお客様の尊き推しのためにも、徹底してこだわったクリエーションを最高の香料素材を使って実現させます。たとえどんなにイメージ先行であっても、香水と名のつく以上は身に纏って嗅覚が喜ぶ香りを届けたい。公式サイトに寄せられたレビューの9割以上が好評価を頂戴しているのも、そんな想いを受け取って頂けたからだと思っています。


④さあ、体験してみよう!


ここまで読んで気になった方はぜひWEB診断を試してみてください。ボトルは¥14,980/50mlのフルサイズと¥3,480/8mlのトラベルサイズの2種類からお選び頂けるので、いくら診断を受けたとはいえ試さずに買うのは不安という方や、「複数推し」の方にはお手軽なトラベルサイズがおすすめです。

レター

また、お届けした香りの感想があればぜひSNSや公式サイトへレビューをお寄せ頂けたら嬉しいです。その香りのどんな部分が推しにぴったりだったのか、あるいはここがもっとこうだったら…というご意見でも、次のクリエーションへの大切な糧になります。

自由な発想と大いなる推しへの愛を込めて、ぜひLiberta Perfumeの上質な香りをお楽しみくださいね!最後にお客さまの声をピックアップしてご紹介します♪




プロフィール:
LIBERTA事務局
LIBERTA PERFUME運営事務局です。香水にまつわるハウツーやLIBERTA独自の調査レポートをご紹介しています。

最近の記事